幼稚園教諭・保育士になろう!!全国幼稚園教員養成機関連合会

保育実技は何のため?
愛国学園保育専門学校

愛国学園保育専門学校の保育実技紹介

愛国学園保育専門学校では、子どもと関わる仕事に就くために必要なスキルを2年間でしっかりと学びます。学生に特に人気があるのは、保育現場ですぐに役立つ実技の授業です。中でも、絵本や紙芝居はどの園にも必ずありますから、子どもに読み聞かせをする時の留意点等を学ぶよい機会になっています。

絵本や紙芝居の読み聞かせは、みなさんも子どもの頃におそらく経験したことでしょう。どのような作品が好きですか。それはどのような理由ですか。きっといくつかの作品を思い出し、読んでもらっているときの情景がよみがえってくることでしょう。

そんな時に、あれも楽しかったな、これも楽しかったな、といくつもの作品を思い出せるような体験を子どもたちにしてもらえるための工夫を保育者は常に考えています。それはどんなことだと思いますか。たとえば子どもたちが喜びそうな作品を選ぶことでしょうか。上手に読めることでしょうか。もちろんそれらも大事ですが、もっと大切なことがあります。

読み聞かせをするとき、みなさんならどのように始めますか。もちろん「それでは始めます」と読み始めても構いませんが、その一言で子どもの興味を絵本や紙芝居に集中させるのはたいへん難しいことです。保育者はただその絵本や紙芝居を読むのではなく、その作品を通して子どもたちに何かを伝えたいという思いや願いをもっていますので、子どもたちにそれをきちんと伝えたいですよね。そのためには、いかにして短時間で作品に集中できる雰囲気を作ることができるかが大切になってきます。

下の写真を見てください。

愛国学園保育専門学校 保育実技1

これから始まる大型紙芝居にでてくるキャラクターが、なんと実際に飛び出していますね。普段見ている紙芝居が大きくなったことだけでももちろん興味は湧いてくるでしょう。けれども、そこにお話の中だけいるはずのキャラクターが実際に登場することによって、大型紙芝居への興味をあっという間に引き出し、子どもたちはすんなりお話の世界に入ることができるのです。さきほどまで落ち着かなかった子どもたちが紙芝居にすっかり集中してしまうなんて魔法みたいですね。

絵本や紙芝居の選び方、持ち方、読み方など工夫したいことはさまざまありますが、読み始める前の雰囲気づくり(導入といいます)が実は成功のカギを握っているのです。

愛国学園保育専門学校ではその点に着目し、子どもたちが自発的に活動できるための方法を考え、導入から活動終了まで、子どもの生活を豊かにするための保育技術についての学びを深める授業を多く取り入れています。みなさんも、一瞬にして子どもたちが作品に集中してしまうような魔法がかけられるようになってみませんか。当校のオープンキャンパス等で体験してみてください。

愛国学園保育専門学校の資料請求

資料請求

愛国学園保育専門学校のオープンキャンパス

体験入学スケジュール

住所・校名から探す

専門学校の魅力を知る

就職に強い!費用・学習負担が少ない!

既卒者が選ぶ理由

専門学校の就職状況 専門学校の選択のポイント

専門学校と大学の違いを知る!

専門学校のメリットは?

大学との違い

専門学校は就職に有利!

就職率の違い

幼稚園・保育園の先生になりたい!

施設の先生になる!先輩に聞く!

児童福祉施設の先生になる

児童福祉施設の先生になるには

ページトップへ